トルコ近代文学の歩み
5ffbf8ffdf51597fe30f1b39

トルコ近代文学の歩み

残り1点

¥800 税込

送料についてはこちら

2001年9月初版、カバーに経年による痛みがあります。本文に線引き・書込みなどなく、状態良好です。 ※他サイトとの併売品になります。万一、売り切れの場合はご容赦ください。 【内容】著:保科 真一 近代化に遅れたオスマン帝国は、18、19世紀西欧化、近代化を目ざして改革を行い、文学にも新しい動きが起こる。19、20世紀、近代文学の発展期に入ると、社会派作家は、作品を通じて政治体制、社会構造の矛盾を説き、改革の必要性を強く訴えた。危険思想の持ち主とみなされ、刑の宣告を受け、服役した者も多い。本書は更に芸術至上主義、民族主義など、多くの作家と作品にもふれ、トルコ近代文学の発展と成熟を平易に解説する。