ウガンダ・ノート (叢書 あなたのそら)
5f409c11223ead3fc08fbe61

ウガンダ・ノート (叢書 あなたのそら)

残り1点

¥1,400 税込

送料についてはこちら

2010年7月初版、函に経年による痛み、本文、線引き・書込みなどなく、状態良好 【内容】 著:梶茂樹、小沢剛 本書は、私がウガンダで言語調査をしつつ見たこと、知ったこと、思ったことを綴ったものと、小沢さんの芸術作品とを合体させたものだ。また、小沢さんのエッセーと《ベジタブル・ウェポン》制作記も含まれている。 (まえがきより) 【著者紹介】 梶茂樹:京都大学名誉教授。 アフリカ諸語を対象としたフィールドワークの手法の開発、そして言語記述をベースに言語と文化の問題を考察している。また、国語の問題など社会言語学的テーマや、少数言語・危機言語の問題などにも積極的に取り組んでいる。1970年代、80年代は主としてコンゴ(ザイール)、90年代はセネガル、タンザニア、2001年からはウガンダで調査を行っている。 小沢剛:日本の画家、現代美術家。 東京芸術大学美術学部先端芸術表現科教授。 アーティスト・グループ『昭和40年会』のメンバー。 東京藝術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に収める《地蔵建立》開始。93 年から牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》や《相談芸術》を開始。99 年には日本美術史の名作を醤油でリメイクした《醤油画資料館》を制作。2001 年より女性が野菜で出来た武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》を制作。