魚で始まる世界史 (平凡社新書)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

魚で始まる世界史 (平凡社新書)

残り1点

¥400 税込

送料についてはこちら

2014年初版、カバーに若干のスレがある程度で新品同様です 【内容】 著:越智 敏之 十八世紀農業革命以前、西洋の食の中心は肉ではなく魚であり、中世盛期のキリスト教社会では、一年の半分を魚を食べて過ごした。その魚への巨大な需要が、遠く海を越える航海を、漁猟と保存の技術革新を、都市の殷賑を、自由と独立の精神を、ヨーロッパ近代をもたらした。ニシンがハンザとオランダの繁栄を築き、塩ダラが大航海時代の幕を開けた。魚で見る世界史!