日本の美術〈53〉元信・永徳・探幽 (小学館ブック・オブ・ブックス)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

日本の美術〈53〉元信・永徳・探幽 (小学館ブック・オブ・ブックス)

残り1点

¥400 税込

送料についてはこちら

昭和54年、函ヤケ 汚れ少、痛み、濡れ跡、カバー背に経年によるヤケ、本文、線引き・書込みなどなく、状態良好 ※注:経年ユーズド品につき相応のダメージはあるものとご了承のうえお求めください。わずかな書込みなど軽微のダメージについて、希に見落としや記載漏れがある場合がございます。 【内容】 著:武田恒夫 近世初期の狩野派は、さまざまな点で、各時代の画壇をリードしてきて。そのような狩野派の流れをとらえてみようとするのが本書の意図したところである。狩野派の新機軸は、しかし特定のすぐれた画人によって、それが具現されたといえる。本書は、そうした意味から、正信、元信、永徳、光信、山楽、探幽の六名の画人にしぼって、流れの大筋を追うことに努力した。(本文より)