生命の樹: あるカリブの家系の物語 (平凡社ライブラリー)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

生命の樹: あるカリブの家系の物語 (平凡社ライブラリー)

残り1点

¥1,300 税込

送料についてはこちら

2019年初版、カバーにスレ、本体天地小口経年による汚れ少 本文、線引き・書込みなどなく、状態良好 ※注:経年ユーズド品につき相応のダメージはあるものとご了承のうえお求めください。わずかな書込みなど軽微のダメージについて、希に見落としや記載漏れがある場合がございます。 【内容】 著:マリーズ コンデ / 訳:管 啓次郎 「もうこんな暮らしはごめんだ」とグアドループ島を出、パナマ、サンフランシスコで暮らし金銭を蓄え財をなし、島の黒人中産階級になった曾祖父アルベールの流浪の人生。パリ留学後、ロンドン、ニューヨーク、ジャマイカを彷徨い、はてはフランスの夫の下に帰る母テクラの破綻の人生。アルベールとテクラのふたりの生涯を中心に、曾孫/娘ココが語るルイ家四代の“悪辣な生”は、一家系の物語をこえたカリブ海現代史ともいえる。アナイス・ニン賞受賞作。