定本 黒部の山賊 アルプスの怪 (単行本(ソフトカバー))
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

定本 黒部の山賊 アルプスの怪 (単行本(ソフトカバー))

¥500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

2014年6刷、カバーに経年による痛み小、本文、線引き・書込みなどなく、状態良好 ※注:経年ユーズド品につき相応のダメージはあるものとご了承のうえお求めください。わずかな書込みなど軽微のダメージについて、希に見落としや記載漏れがある場合がございます。 【内容】 著:伊藤正一 北アルプスの最奥部・黒部原流域のフロンティアとして、長く山小屋(三俣山荘、雲ノ平山荘、水晶小屋、湯俣山荘)の経営に携わってきた伊藤正一と、遠山富士弥、遠山林平、鬼窪善一郎、倉繁勝太郎ら「山賊」と称された仲間たちによる、北アルプス登山黎明期、驚天動地の昔話。 また、埋蔵金伝説、山のバケモノ、山岳遭難、山小屋暮らしのあれこれなど、幅の広い「山の話題」が盛り込まれていて、読む者をして、まるで黒部の奥地にいるような気持ちにさせてくれる山岳名著の一書です。 1964年に実業之日本社から初版が刊行されたときは、多くの読者からの好評を得ました。近年は、山小屋でのみ購入できたこの幻の名作が、『定本 黒部の山賊』として、山と溪谷社から刊行されることになりました。新規原稿も一話加え、底本未掲載の貴重な写真も盛り込んでいます。巻末には、高桑信一氏と高橋庄太郎氏による『黒部の山賊』へのオマージュも掲載。