隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民 (文庫)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

隣のアボリジニ 小さな町に暮らす先住民 (文庫)

残り1点

¥200 税込

送料についてはこちら

2010年初版、カバーに経年による痛み、スレ、本文、線引き・書込みなどなく、状態良好 ※注:経年ユーズド品につき相応のダメージはあるものとご了承のうえお求めください。わずかな書込みなど軽微のダメージについて、希に見落としや記載漏れがある場合がございます。 【内容】 著:上橋菜穂子(『精霊の守り人』『獣の奏者』著者) 独自の生活様式と思想を持ち、過酷な自然のなかで生きる「大自然の民」アボリジニ。しかしそんなイメージとは裏腹に、マイノリティとして町に暮らすアボリジニもまた、多くいる。伝統文化を失い、白人と同じように暮らしながら、なおアボリジニのイメージに翻弄されて生きる人々。彼らの過去と現在をいきいきと描く、作家上橋菜穂子の、研究者としての姿が見える本。池上彰のよくわかる解説付き。