処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂

残り1点

¥300 税込

送料についてはこちら

1999年5刷、カバーに経年によるスレ、本体天地小口シミ少、本文、線引き・書込みなどなく、状態良好 ※注:経年ユーズド品につき相応のダメージはあるものとご了承のうえお求めください。わずかな書込みなど軽微のダメージについて、希に見落としや記載漏れがある場合がございます。 【内容】 著者:エルゾーグ /訳:近藤等 白水社 1950年6月、著者を隊長とするフランス遠征隊によって人跡未踏のヒマラヤ8000米級の高峰に最初の足跡が記された。酸素ボンベも使わない果敢な登頂、モンスーン襲来下での悲惨な遁走というきびしい試練を通して尊い友情で結ばれたアルピニストの人間像を描く。